友人に100万円を貸すことになりました。保証人をつける時に注意することは?

連帯保証であることを明確にした書面を作成します。

金銭消費貸借契約書に連署してもらうのであれば「連帯保証人は、借主が本契約によって負担する一切の債務について、借主と連帯して保証する」との一文を入れます。

なお、書面に拠らない保証は無効となります。

法律相談のすすめ

お困り事がある場合、早めの弁護士への相談をお勧めいたします。

相談受付:03-6459-1572(受付時間:平日10時~18時)

メールでのお申込みはこちら(24時間受付)

相談料:初回30分無料