費用

着手金 委任契約の締結と併せて、お支払い頂く費用です。
報酬金 当初の目標に対する成功の程度に応じて受け取る費用です。案件が終わって経済的利益が確定した後に協議して決めます。
手数料 手続きの代行による事務処理費用です。委任時にお支払頂きます。報酬金はありません。
実費 裁判所に納める費用(収入印紙、郵便切手)。郵送費、交通費、コピー費などが含まれます。委任契約時に概算をお見積もりします。

金額は税別です。別途に消費税8%が発生します。

 

法律相談料

法律相談の対価となる費用です。

初回30分 無料
2回目以降 45分あたり5,000円

 

 

一般の民事事件

弁護士費用は、「着手金」と「報酬金」の2段階となります。

着手金と報酬金は、まず、「経済的利益」に応じた目安となる金額があります。「経済的利益」は、案件の請求金額、不動産価額などの金額が元となります。なお、通常の案件の着手金の最低金額は10万円です。

経済的利益 着手金 報酬金
300万円以下 8% 16%
300万円超3000万円以下 5%+9万円 10%+18万円
3000万円超 3%+69万円 6%+138万円

実際には、上記の目安となる金額を踏まえて、事件の難易度、ご依頼者様の事情により、金額はご相談の上で決定します。

 

 

交通事故

  • 治療に専念して頂くために、治療が終わるまでは法律相談は無料です(3回まで)。
  • 死亡事故や重大後遺障害の事案は、早期にご依頼を頂くことも多いので、ご相談下さい。
  • 報酬金の基準となる「経済的利益」は、保険会社の提示額を除いた金額です。

1.示談交渉

着手金 10万円(一律)
報酬金 「経済的利益」の10%

 

2.示談交渉から裁判に移行した場合

裁判は、主張の書面の作成、証拠の収集などの訴訟活動に労力を要することから、着手金においても相応の金額をお願いしております。

1)後遺障害12~14級

着手金の追加 20万円~30万円(税別)
報酬金 経済的利益の15~20%

2)後遺障害8級~11級

着手金の追加 30万円~90万円(税別)
報酬金 経済的利益の10~15%

3)後遺障害4級~7級

着手金の追加 100万円~150万円(税別)
報酬金 経済的利益の10~15%

4)後遺障害1級~3級

着手金の追加 150万円~250万円(税別)
報酬金 経済的利益の10~15%

5)死亡

着手金の追加 100万円(税別)
報酬金 経済的利益の10%~15%

 

支払方法は、ご依頼者様の事情によりご相談に応じます。
(例)自賠責保険の被害者請求によって得られた金額からのお支払い。

 

3.弁護士費用特約のご利用の推奨

ご加入の損害保険(自動車保険、火災保険、傷害保険)に「弁護士費用特約」が付されている場合、交通事故で弁護士を利用するときの費用が支払われます。

保険で支払われる弁護士費用は、通常、300万円までです。

弁護士費用特約だけを利用するのであれば、保険等級には影響はありません。

 

 

 

離婚

1.「話し合い」「調停」からのご依頼

着手金 30万円(一律)
報酬金 離婚成立に対して30万円~ + 得られた経済的利益に対して10%

2.「訴訟」からのご依頼

着手金 40万円(一律)
報酬金 離婚成立につき、40万円~ + 得られた経済的利益に対して10%

 

 

 

相続・遺言

1.相続調査 10万円(一律)

相続人、相続財産の調査です。

戸籍謄本などの実費は、別途ご負担頂きます。

 

2.遺産分割(調停・審判)

依頼者様が主張される相続分の評価額を「経済的利益」として、着手金と報酬金の目安は次の通りとなります。

経済的利益 着手金 報酬金
3000万円以下 5%+9万円 10%+18万円
3000万円超 3%+69万円 6%+138万円

遺産分割については、着手金の最低金額は30万円となります。

 

3.遺言作成

手数料 10万円~

当事務所では「公正証書遺言」の作成をお勧めしております。

公証人に支払う費用は別途かかります。

 

4.相続放棄

手数料 10万円(一律)

 

 

 

借金

1.任意整理

着手金 5万円+2社を超えると1社あたり2万円増額
報酬金 1債権者あたり2万円+元本減額に対して10%

2.個人再生

着手金 30万円
報酬金 30万円

3.自己破産

着手金 20万円
報酬金 20万円

 

法律相談のすすめ

お困り事がある場合、早めの弁護士への相談をお勧めいたします。

相談受付:03-6459-1572(受付時間:平日10時~18時)

メールでのお申込みはこちら(24時間受付)

相談料:初回30分無料