【中小企業向け】5月施行の会社法改正の影響①

昨年に国会で成立した会社法の一部を改正する法律が、本年5月1日から施行されました。

改正法の骨格は次の2点です。

1つは、企業統治のあり方の見直しです。

社外取締役の独立性強化、監査等委員会設置会社の導入などが挙げられます。

もう1つは、親子会社に関する規律の見直しです。

多重代表訴訟の導入などがあります。

近年では、中小企業の間でも社外取締役を選任する動きもある等、対応が必要となる場面もあります。

ただし、今回の改正の多くは上場企業・大企業を念頭においているので、中小企業の実務に直接的に影響するものではありません。

 

このコラムでは、中小企業が知っておくべき改正事項を、4つ取り上げます。

  ① 監査役の監査範囲の限定と登記

  ② キャッシュ・アウトの制度

  ③ 債権者を害する会社分割への対抗策

  ④ 多重代表訴訟

 

まず、形式的な手続き面に関して、①監査役の監査範囲の限定と登記があります。

 

監査役の権限には、業務監査と会計監査の2つがあります。

非公開会社(定款で株式譲渡制限を定めている会社。中小企業の多くが該当。)では、監査役の権限を「会計監査」に限定することが可能です。

具体的には、株主総会で提出される計算書類をチェックし、監査報告を作成することが業務となります。

 

改正前においては、このような監査役については定款を見れば分かりましたが、登記上では区別されていませんでした。

そこで、改正法では、「監査役の監査の範囲を会計に限定する旨」を登記に反映させることにしました(911条3項17号)。

 

ただし、経過措置が設けられています。

すでに監査範囲を限定されている監査役がいる会社では、改正後最初に監査役が選任・退任するときの登記に併せて、登記をすれば足ります。

ですから、今の時点で会社の登記を取っても、すぐに反映されるわけではありません(なお、監査役の任期は最長10年まで延長可能です)。

 

参考までに、会社の機関について述べておきます。

非公開会社の中小企業では、取締役会を設置しなければ、そもそも、監査役は不要です。

取締役は社長だけ、加えても息子や奥さん、監査役はいない、といった中小企業も多く見られます。

それなりに規模が大きくなると、非公開会社でも取締役が3人以上となり、取締役会を設置する方向になっていきます。

取締役会を設置した場合には、監査役は必須です。

 

次回のコラムでは、②キャッシュアウト制度について説明します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

法律相談のすすめ

お困り事がある場合、早めの弁護士への相談をお勧めいたします。

相談受付:03-6459-1572(受付時間:平日10時~18時)

メールでのお申込みはこちら(24時間受付)

相談料:初回30分無料