近隣トラブルのご相談

当事務所では、日常の暮らしに関わる身近な法律相談を、幅広く取り扱っております。

境界線から外壁まで50センチ離すのが原則ですが、例外もあります。

都市部のように狭い場所に住宅が密集する地域では、慣習として認められます。また、防火地域や準防火地域では、境界に接して建築することが可能です。

境界が定まったら(民民境界)、境界標を設置します。

また、後日の紛争を避けるためにも、業者に依頼して測量図や確認書を作成しておきます。

自分の土地であると信じて通路を開設し、通路として10年間使用していれば、「通行地役権」を時効取得している可能性があります。

その場合、隣家の承諾を得ることなく通路として利用することが可能です。

お住まいの地域で「建築協定」が締結されているのであれば、建物の規制があるはずです。

協定違反の建築に対しては裁判を起こすこともできますが、まずは、運営委員会が建築の中止を求めて話し合いを持つことが望ましいでしょう。

夜間で40~60デシベルを超えると、我慢の限界を超えると言われています。

条例で騒音を定める自治体もあります。裁判で差止め請求、慰謝料請求が認められたこともあります。

1

法律相談のすすめ

お困り事がある場合、早めの弁護士への相談をお勧めいたします。

相談受付:03-6459-1572(受付時間:平日10時~18時)

メールでのお申込みはこちら(24時間受付)

相談料:初回30分無料