事故のご相談

当事務所では、日常の暮らしに関わる身近な法律相談を、幅広く取り扱っております。

子どもに対する監督義務違反により、親も賠償責任を負います。

親がいないところで事故が起きたとしても、日ごろの監督義務が問われます。

失火責任法により「重大な過失」がある場合に限って賠償責任を負います。

裁判例では、寝たばこ、天ぷらを揚げている途中で場を離れた、などが重過失とされています。

相手の人に対して損害賠償請求(動物病院の費用)が可能です。ただし、

自分にも不注意があった場合(例:先に相手の犬に吠えた)、賠償額が減額されることもあります(過失相殺)。

企画旅行の約款には「特別補償規定」があります。入院見舞金で最大40万円です。

後遺症と認められると後遺障害補償金が出ます。

これを超える損害を旅行会社に請求することは難しいです。

裁判例でも、旅行会社によほどの過失がないと賠償責任は認められません。

製造物責任法(PL法)に基づいて、治療費を請求することが可能です。後に争われないように現物(菓子、吐き出した異物)、購入先のレシートを保存し、早期に医師の診断を受けて下さい。

また、他にも同じ事故が発生している可能性が高く、お近くの消費者センターまでご連絡下さい。

1

法律相談のすすめ

お困り事がある場合、早めの弁護士への相談をお勧めいたします。

相談受付:03-6459-1572(受付時間:平日10時~18時)

メールでのお申込みはこちら(24時間受付)

相談料:初回30分無料